Moderno モデルノ

高級車・スーパーカーの中古車販売、買取、無料査定、委託販売

0120-015-001

営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

Moderno MAGAZINEモデルノマガジン

創設者と同じ名前の名車『エンツォフェラーリ』


出典『フェラーリ公式サイト
 
フェラーリの中でスペチアーレと呼ばれる特別生産モデルがあります。
第1弾288GTOから始まり、直近のラフェラーリまで在りますが、今回はその中でも2002年に発表された第4弾の『エンツォフェラーリ』についてお話したいと思います。

創設者と同じ名前『エンツォ・フェラーリ』

F40、F50と周年にかけて、命名されていましたが、55周年であるこの年は、創設者である『エンツォフェラーリ』の名前が命名されました。諸説ありますが、語呂が良くなかったからというのが有力らしいです。


出典『フェラーリ公式サイト

乗り手を楽しませる車。前モデルより構造改善。

第3弾であったF50は「F1エンジンを積んだロードカー」がコンセプトでした。F1そのものの構造であったことで振動やノイズが激しく、乗り心地の悪さから評判が良くありませんでした。そういった経緯もあり、エンツォフェラーリは快適性や乗り手を楽しませることにも配慮がされました。


出典『KEN OKUYAMA DESIGN

デザイナーは日本人「奥山清行氏」

有名な話ではありますが、『エンツォフェラーリ』は当時ピニンファリーナに在籍していた奥山清行氏が描いたデザインが採用されました。
F1カーを想起させるノーズデザイン、前上方向に開くディヘドラルドア、可変リヤウイング、高効率なデュフェーザーなどがスタイリングの特徴でもあります。
奥山清行氏は、その後もフェラーリの456M GT、599GTBフィオラノ、カリフォルニアもデザインしています。

スペック

モデル Enzo Ferrari
登録年 2002
■ドライブトレイン
エンジンタイプ 水冷V型12気筒DOHC
ボア×ストローク(mm) φ92.0×75.2
総排気量(cc) 5998
圧縮比 11.2:1
最高出力 680PS/7800rpm
最高トルク 67.0kgm/5500rpm
トランスミッション 6速セミAT
■ボディ
全長(mm) 4702
全幅(mm) 2035
全高(mm) 1147
ホイールベース(mm) 2650
トレッド前(mm) 1660
トレッド後(mm) 1650
乾燥重量(kg) 1255
■サスペンション
フロント ダブルウィッシュボーン+コイル/スタビライザー
リヤ ダブルウィッシュボーン+コイル/スタビライザー
■タイヤ
フロント 245/35ZR19
リヤ 345/35R20
■ブレーキ
フロント ベンチレーテッドディスク
リヤ ベンチレーテッドディスク

この時代のトレンドでもあったカーボンファイバー素材を多用し、徹底的に軽量化されました。乗り心地のため大型ではあるものの、1255kgにまで抑えられています。
最高速度は350km/h以上、0〜1000m加速が19.6秒と申し分ない性能に仕上げられました。
 
 

生産台数は400台

生産されたのは400台と非常に少ない台数でした。そのうち日本国内正規輸入台数は僅か33台でした。
 
 

終わりに

いかがでしたか?
日本人がフェラーリをデザインしていることに驚きと、名作に携わっていることに誇りを感じますね!
 
当店は本州でフェラーリ在庫数No1(正規ディーラー除く)ですので、お時間ありましたら是非当店へ遊びに来て下さいね。
 
当店のフェラーリの在庫はこちら
 
また、買取・委託も強化しております。フェラーリを始め、お車のお手放しに迷っている方は、是非当店へご相談下さい。外車・国産車問わず、募集しております。無料査定も行なっておりますので、お気軽にご相談下さい。
車を高価買取

高級車・スーパーカーの中古車販売、買取、無料査定、委託販売のご相談は

0120-015-001

営業時間 10:00~19:00(水曜定休)

PAGETOP